加須・羽生・久喜の内科・泌尿器科「おおき内科泌尿器科クリニック」

禁煙外来

禁煙外来NON SMOKING OUTPATIENT

禁煙外来とは

禁煙外来とは
禁煙外来は、喫煙をやめたいと考えている患者様をサポートするための外来です。
喫煙は循環器疾患や呼吸器疾患を引き起こす可能性を持つ危険因子です。
禁煙することでさまざまな病気のリスクを下げて、健康的に暮らすことができます。
しかし喫煙はニコチン依存症(もしくはニコチン中毒)という一種の薬物依存症にあたり、禁煙を一人で実行することはなかなか容易ではありません。
当院では禁煙補助薬を使用しながら、無理のない禁煙に向けたトレーニングを実施しています。
禁煙をお考えの方はぜひお気軽にご相談ください。
禁煙外来とは

保険について

保険について
現在ニコチン依存症は病気と認識されるようになり、一定の条件を満たせば、健康保険が適用できます。
健康保険が適用される条件は以下の四点です。
①本人自身が禁煙治療を望み、直ちに始めたいと思っている
②「1日の平均喫煙本数×喫煙年数(ブリンクマン指数)」が200以上である
(ただし35歳以下の場合、ブリンクマン指数の条件はありません)
③ニコチン依存症のスクーリングテストで5点以上である
④禁煙治療を受けることを文書で同意している
また過去に禁煙治療を受けていた場合、前回の初回診察日から1年は経過していることが健康保険適用の条件となります。

治療について

治療について
禁煙治療では、約3か月間に5回の通院をしていただきます。
禁煙補助薬に使用するのはチャンピックスというニコチンを含まない薬です。
チャンピックスは喫煙時に感じるドパミンを少量放出させることで、禁煙時の離脱症状を軽減します。
また万が一禁煙中に一服してしまった際にも、喫煙による満足感を感じにくくさせる効果を発揮します。

禁煙する事によるメリット

禁煙する事によるメリット
禁煙は始めた直後から、さまざまな効果が実感できます。
喫煙をやめると周囲の受動喫煙を受けるリスクが無くなり、数日後には味覚や嗅覚が鋭敏になって食事が以前よりも美味しく感じるようになります。
数週間も経つと運動機能、肺機能、心機能が改善するため睡眠の質や肌の調子が改善したことが実感できます。
数年後には心臓病、十年後には癌、といったさまざまな病気のリスクが大幅に下がっていきます。

喫煙の健康被害

喫煙の健康被害
長期にわたる喫煙は、身体のあらゆる臓器や組織に障害を起こし、さまざまな健康被害を引き起こす要因となります。
特にがん、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患、肺気腫)は、喫煙によるリスクが非常に高い病気です。
その他にも循環器疾患、消化器疾患(十二指腸潰瘍など)、動脈硬化を進ませることも判明しており、喫煙によるリスクは計り知れません。